Subscribe to 賢いキャッシング方法についての情報 Subscribe to 賢いキャッシング方法についての情報's comments

s-20130118145111103849幼い頃には賞金が出るテレビ番組を観るとワクワクしたものです。100万円や1000万円など、現実では到底お目にかかることのない額から、あれも買えるこれも買えると想像することがとても楽しかった記憶があります。しかし、社会人になってみるとそうした賞金の額にも夢が持てなくなってきます。1000万円ぐらいならまだ若干の夢がありますが、100万円レベルだと諸々の出費を考えて何とかこれぐらいの期間は生活出来る額だな、という現実的な想像しか働かなくなってしまいました。
 
だからこそ、億単位の宝くじには大人でもまだ夢が持てるのだと改めて思いました。逆に幼い頃には億の方がいまいちピンとこなくて、100というイメージしやすい数の大きさに憧れを抱いたものでした。最近では、テレビ番組で小さな企画に小さな賞金が出ることもあります。このクイズに正解したら1万円、10万円というものです。100万円などに比べれば些細な額ですが、これがあればおいしいものが食べられるとか、ちょっと手の出ない電化製品が買えそうだとか考えがちです。そうした小さい額の方が“プチ贅沢”を沢山イメージ出来るので、最近では小額の賞金の方がワクワクするようになってしまいました。
 
そうはいっても、大きい金額に対する憧れが消えたわけではなく、宝くじにも手を出します。そうなると、子供の頃に1番ワクワク
した100万円ぐらいの額が自分から1番遠い存在になってしまったのかもしれません。1万円より大きく、億より小さい金額なのに1番ワクワクしないのは不思議な感じです。

http://xn--zckzcya9c4155avdax74gvm9a.com/


s-20130122161608104027主婦がお金を稼ぐのは、とても大変です。現在は共働き家庭も多くなっていますが、その分妻の負担が大きくなっている家庭もまたとても多いのです。共働きだからしっかり家事と育児を分担するというのは理想論で、現実的にそれが実現できている夫婦は少ないと言わざるを得ません。よく、外国では夫婦共働きが当たり前だと言われます。専業主婦が多い日本の在り方は諸外国の中では異様に映ると言われることも多いですが、共働きが当然だという考えの諸外国と日本では、そもそも社会の考え方やサービスにも違いがあるのです。

日本の場合、夫は外で働き、家庭は妻に任せるという考えが長年浸透しています。それを裏付けるように、夫は毎日残業で帰宅が遅いという家庭は非常に多いです。ですが、ではその家庭で妻が働きに出たら夫の帰宅時間が早まるかと言えば、もちろんそんなことはありません。そうなると妻が家事や育児を行う比重が高くなり、結局負担が増えるのは妻だけになってしまいます。

夫婦共働きになることで、家計はかなり豊かになるはずです。でも実際には共働きになって手薄になる育児や家事の負担を解決する為に、出費が増えてしまう家庭が多いのも事実なのです。夫が勤務時間を短くすることも出来ず、妻が働いて得たお金はサービス利用に消えていくのではいつまで経っても家計は豊かになりません。これを変えるには、根本的に社会の仕組みを変えることが必要だと言えます。

http://xn--24-eh4am8a9dzlweo714b4hza4j8esuza.com/


s-20130121232302104027オリンピック招致のプレゼンでも話題になりましたよね。東京でお金を落としても、手元に戻ってくると。昨年一年間の東京の現金の落し物は28億円だったそうです。そのうち20億円が落とし主に返されたそうです。落とし主が現れずに拾った方に渡されたのは5億円。3億が都のお金になったということです。東京に住んでても、その事実を知らず、プレゼンを聞いてびっくりしました。日本人として、誇らしかったですよね。とても嬉しかったです。そして、世界にその事実が知らされたのもよかったですよね。

小さい頃から、お金を拾ったら警察に届けなさいと教わりました。私も子供にはそう教えていて、子供たちも実践してます。10円でも子供たちって警察に届けます。嬉しそうにそして正義感に溢れた顔をして。小さい頃からの習慣というか、教えがずっと生きているのでしょうね。

私も何度かお財布を落としたことあります。スーパーの自転車置き場で落としていました。運悪く、翌日までお財布を使わなかったので、これは覚悟しなきゃと思いながら、警察に行きました。ちゃんと届いていました。お金もカードもちゃんとそのまま。いい方に拾ってもらえたと思います。でも、日本人はほとんどの方がそうですよね。いい国、美しい国だと思います

http://xn--24-ox8fnz57nc0j.com/


ss-20121123133705109852世の中に数ある家庭の中で、家計の管理をする人物は家庭によって違います。日本ではどちらかというと妻が家計を管理している家庭が多い傾向がありますが、諸外国ではそれぞれの資産は個別で管理するのが一般的なケースも多いそうです。
日本でも、現在は夫婦共働きの家庭が増えています。その為、それぞれの収入は互いに別々に管理して、そこから一定金額を共同の家計として出し合う家庭も多くなっていると聞きます。それぞれの立場を対等にした家庭の在り方の1つなのかもしれません。
そうは言っても、まだまだ妻が家計の管理をしている家庭も多いです。その中には、もちろん妻が専業主婦をしている家庭もたくさんあります。実はこの点は外国でも疑問に持たれやすい部分のようです。夫が自分で稼いだお金を、どうして自分で管理することができないのか、というのがその大半です。確かに冷静に考えてみると、これは少々捻じ曲がった家計管理の在り方と言えるかもしれません。
最近では夫婦のうちこうした管理が得意な方が家計管理を行う家庭も増えています。要は夫婦という共同体なのですから、お互いが納得できる方法で、将来を見据えた家計の管理が出来ることが最も理想的な形なのだと言えると思います。

http://xn--eckm3b6d2a9b3gua9f2d7650dg8ub97kck7d.net/


WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !